The International University of Kagoshima Repository System

HOME    repository info    mypage        Japanese    library    university    Feedback

The International University of Kagoshima Repository >
Faculty of Welfare Society >
null >

 
Title :知的障害児の言語指導 : 育成を目指す資質・能力を踏まえた知的障害児の国語教育
Title alternative :Training and support for the language and communication training for children with intellectural disabilities : teaching of Japanese language based upon the capabilities required in the future for children with intellectual disabilities
Authors :古賀, 政文
Authors alternative :Koga, Masafumi
Issue Date :1-Jul-2018
Abstract :知的障害特別支援学校の各教科は、従来、小学校等の各教科等とは異なり、知的障害の特徴や学習上の特性等に応じた目標や内容が示され、その障害に応じ、生活を重視した指導・支援が行われてきている。 平成29年4月に告示された特別支援学校小学部・中学部学習指導要領(以下、新学習指導要領と表記)では、そのことを踏襲しつつ、小学校等の目標や内容等との連続性や関連性を整理し、育成を目指す資質・能力の三つの柱に基づき、目標や内容が構造的に示されている。 ここでは、知的障害児教育における言語指導の重要性について改めて考察するとともに、育成を目指す資質・能力の中核となる言葉(国語)を取り上げ、育成を目指す資質・能力を踏まえた知的障害児の国語教育はどうあればよいかについて言及する。
Subjects which composes the curriculum in special needs school for children with intellectual disabilities is different from subjects for an elementary school. It focuses on building up children’s life experience. This report examined teaching of Japanese language based upon the capabilities required in the future for children with intellectual disabilities.
Type Local :紀要論文
ISSN :13466321
Publisher :鹿児島国際大学福祉社会学部
URI :http://lbr.iuk.ac.jp/handle/123456789/4067
Citation :福祉社会学部論集 Vol.37 no.1 p.17 -30
Appears in Collections:null

Files in This Item:

File Description SizeFormat
13466321_v37_1_Koga.pdf1513KbAdobe PDFView/Open